株式、石油、金、外貨市場の概要



2022年7月22日現在の株価指数と条件、石油、金、外貨市場

-ダウ工業株30種平均は金曜日(7月22日)にスナップの決算発表に投資家が失望したため、値を下げて取引を終えた。 一方、ソーシャルメディアと広告技術(AdTech)の株価の下落は、明るい収益見通しを予測しているAmericanExpress株の上昇の前向きさを覆い隠しました。

ダウ工業株30種平均は317.61(-0.43%)下落した31,899.29で取引を終え、S&P500は37.32(-0.93%)下落した3,961.63で取引を終え、ナスダックは225.50(-1.87%)下落した11,834.11で取引を終えました。

-欧州の株式市場は金曜日(7月22日)に高値で取引を終え、投資家がエネルギー不足の懸念を和らげたため、今週は2か月で最大の上昇となった。 イタリアの急激な金利上昇と政治危機

Stoxx Europe 600指数は、1.32、つまり+ 0.31%上昇して425.71で取引を終えました。

フランスの証券取引所CAC-40は15.71、つまり+ 0.25%増の6,216.82で取引を終え、ドイツの証券取引所DAXは7.04、つまり+ 0.05%増の13,253.68で取引を終え、ロンドンのFTSE100は5.86を上回って7,276.37で取引を終えました。 、または+ 0.08%

-ロンドンの株価は金曜日(7月22日)に値を上げて取引を終え、今週は鉱業とエネルギーの株価の上昇に支えられて、ほぼ1か月で最も上昇しました。

FTSE 100ロンドン証券取引所は5.86、つまり+ 0.08%上昇して7,276.37で取引を終え、その週の取引は1.8%上昇しました。

-ニューヨーク西テキサス中間原油(WTI)は、夏の米国のガソリン需要見通しの弱さから圧力を受けた後、金曜日(7月22日)に下落した。 どのアメリカ人が旅行のために車を運転することがよくありますか。 米国の原油価格が1バレルあたり100ドルを下回った。 しかし、9月の約束された配達月は今週上昇し続けました。

9月納品のWTI原油は1.65ドル(1.7%)下落して1バレル94.70ドルになりました。 しかし今週、WTI原油先物は0.1%上昇しました。

9月納品のブレント(BRENT)先物は、66セント(0.6%)下落し、1バレル103.20ドルで取引を終えました。 しかし今週は2%上昇しています。

-ニューヨークの金先物は金曜日(7月22日)に高値で取引を終え、7月13日以来の最高水準に達し、今週は5週間連続で下落した後上昇しました。 この発展はドルの下落によって推進されました。 米国の弱い経済データが明らかになった後、投資家は安全な避難所として金を購入しました

8月納品のCOMEX(コモディティエクスチェンジ)金契約は14ドル(0.82%)上昇し、1オンスあたり1,727.4ドルで取引を終えました。 これは7月13日以来の最高値であり、5週間の下落の後、今週は1.4%上昇しています。

9月に配達された銀は10.2セント(0.54%)下落して1オンス18.617ドルになりました。

10月納品のプラチナ契約は8.5ドル(0.99%)上昇し、1オンス867.2ドルで取引を終えた。

9月納品のパラジウム契約は142.10ドル(7.6%)上昇して1オンス2,018.80ドルとなった。

-米ドルは主要通貨に対して下落した。 金曜日(7月22日)のニューヨーク証券取引所での取引中に、ドルは弱い米国の経済データの発表から圧力を受けました。

通貨バスケット内の6つの主要通貨に対するドルの動きを測定するドル指数は、0.17%下落して106.7300になりました。

ドルは円に対して136.20対137.65、スイスフランに対して0.9640対0.9685フラン下落しましたが、米ドルは対ドルで強かった。

ユーロは1.0198でドルに対して横ばいで、ポンドは1.1952ドルから1.1980ドルに上昇し、オーストラリアドルは0.6903ドルから0.6912ドルに上昇しました。

DJIAニューヨーク証券取引所は137.61、-0.43%下落して31,899.29で取引を終えました。

ニューヨーク証券取引所S&P500は、37.32、-0.93%下落して3,961.63で取引を終えました。

NASDAQニューヨーク証券取引所は225.50、-1.87%減の11,834.11で取引を終えました。

FTSE 100ロンドン証券取引所は5.86、+ 0.08%増の7,276.37で取引を終えました。

フランスの株式市場指数CAC-40は、15.71、+ 0.25%上昇して6,216.82で取引を終えました。

ドイツのDAX株価指数は、7.04ポイント上昇して+ 0.05%、13,253.68ポイントで取引を終えました。

インドのSENSEX株価指数は、390.28ポイント、+ 0.70%上昇して56,072.23ポイントで取引を終えました。

ジャカルタコンポジットインデックスは、22.83、+ 0.33%増の6,886.96で終了しました。

FBMKLCIマレーシア株式市場は15.48、+ 1.07%増の1,465.80で取引を終えました。

フィリピン総合指数は、7.22、+ 0.12%上昇して6,263.39で取引を終えました。

シンガポールのFTSESTI指数は、29.04、+ 0.92%上昇して3,181.34で取引を終えました。

HSI香港株式市場は34.51、+ 0.17%増の20,609.14で取引を終えました。

上海総合指数は、2.03ポイント、-0.06%下落して3,269.97ポイントで取引を終えました。

台湾株のTAIEX指数は、11.66ポイント上昇して+ 0.078%、14,949.36ポイントで取引を終えました。

KOSPI指数は2,393.14ポイントで終了し、16.02ポイント、-0.66%下落しました。

日本の日経225株式市場は、111.66ポイント上昇し、+ 0.40%上昇して27,914.66ポイントで取引を終えました。

オーストラリアの株式市場S&P / ASX 200は、2.80、-0.04%下落して6,791.50で取引を終えた。

オーストラリアのALLORDINARY株式市場は、6.60、-0.09%下落して7,011.80で取引を終えました。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です