8月の日本最大の貿易赤字は2兆8200億円。

ブルームバーグニュースは、日本の財務省の8月の日本の輸出は8.06兆円で、前年同期の6.6兆円から22.1%増加し、輸入は10.8兆円で、前年同期から10.8兆円または49.9%増加したと報じた。同期間に7.25兆円。 昨年、日本の貿易赤字は 2 兆 8200 億円 (1970 億ドル) で、過去最高を記録しました。

日本の輸入数が増加した主な要因は、原油、石炭、天然ガスの輸入によるもので、前年同期比で 50% 増加しました。 日本の事業主は、商品の輸入コストの上昇に対処しなければならないという事実を含みます。 円安のせいで

輸出額についても、増加している。 これは、自動車輸出の継続的な増加によるものです。 日本の輸出数は減少傾向にありますが。 商品に対する世界的な需要の減少により、世界中の多くの国の中央銀行がインフレと戦うために金利を引き上げました。

日本の岸田文夫首相は、家計や企業を支援するために税制措置を講じました。 インフレに対処する 円安が続いたとしても 利上げ後、米連邦準備制度理事会はドルを堅固にします そして日本銀行(日銀)とは異なり、金融緩和策を使用して金利を可能な限り低く維持します景気低迷。

Tamashiro Masumi

「ゾンビ学者。不屈のツイッター実践者。献身的な思想家。読者。一般的な主催者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。