SSP は、M&A を目指して、今年新しい S カーブを作成するために明確に境界線を破り、既存の工場を売却し、新しい投資を求めます: InfoQuest

サームサン パワー コーポレーション パブリック カンパニー リミテッド (SSP) の最高財務責任者であるチャユット リーハチャロエンクル氏は、同社が関連するビジネス ラインを差別化して、将来により多くの利益を生み出すのに役立つ新しい S カーブになるように研究していることを明らかにしました。 今年は透明度が期待できます。

発電部門への新たな投資機会については、同社は国内外の再生可能エネルギー発電所への投資に注力し、太陽光、風力、バイオマス、廃棄物エネルギーなどのさまざまな燃料源を利用して指数関数的な成長をサポートします。 継続的に新記録を樹立 1968 年までに発電容量を現在の 232 メガワットから 500 メガワットに増やすことを目指しています。

成長が見込める案件に対しては買収(M&A)による投資戦略をとっていく。 または、いくつかのプロジェクトを売却して資本を回収し、新しいプロジェクトに投資します。

2022 年第 3 四半期は風力発電所と太陽光発電所の閑散期であるにもかかわらず、65 年目の収益見通しについては、下半期は前年よりも改善すると同社は予想している。 ただし、発電量は2Q22や前年同期並みになるとみられる。 しかし、ハイシーズンである4T22では良くなります。 特にベトナムの風力発電所。 同社が 25% の株式に投資した 45 メガワットの Romklao Wind Farm 風力発電所は、今年の業績を支え、予想どおり少なくとも 30% の成長を遂げるでしょう。

同社にはまだ開発中のプロジェクトがありますが、これには日本の 17 メガワットの LEO フェーズ 2 太陽光発電所が含まれており、計画どおりに進捗しており、商用システム (COD) に約 4 分の 1 の電力を供給できるようになっています。 /67

ベトナムの第 2 期風力発電所への投資は 48 メガワットで、開発の準備が進められている。 および風力プロジェクト ベトナム南部では、110メガワットの容量がさらなる開発のために準備されています。

屋上に太陽光発電所を設置するプロジェクトもある。 (ソーラールーフ) インドネシア 現在建設中ですが、現在稼働中の 22.5 メガワットのうち約 20 メガワットが、インドネシアのソーラールーフの容量を 66 年には 100 メガワットに増加させるはずです。

InfoQuest 通信社 (1965 年 9 月 6 日)

タグ: SSP, Chayut Leehacharoenkul, タイ株, Sermsang Power Corporation, 発電所

Yamauchi Haruki

「フードプラクティショナー。情熱的な音楽ファン。認定された問題解決者。コミュニケーターになりたい。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。