ワールドシネマ:ブローカー「女性には選択肢が必要」

準備ができていない状態で妊娠することは、女性が対処しなければならない最悪のことの1つです。 一部の人々は中絶をすることを決定します、そしてそれは彼らの健康に危険をもたらします。 多くの人が子供を産むまでそれらを着用し続けました。 しかし、予期せず妊娠した人にとっては、子育ては依然として大きな問題です。 社会はそれらのための解決策を持っているべきです。 韓国の映画ブローカーはこの視点を提示します。

ブローカーは、日本の監督是枝裕和が監督した2022年の韓国ドラマ映画です。 Soyoungの話をしてください。 子育ての準備ができていない若い女性が出産したばかりです。 それで彼は短いメッセージで釜山教会のベビーボックスの前に赤ちゃんを残しました。 いつの日か母が私のために戻ってくる小さな人に。 しかし、ソヨンは彼女の名前、住所、電話番号を残しませんでした。 彼女の子供はドンスに誘拐された。 教会の役人の一人が、小さな洗濯業を営むいとこのサンヒョンにそれを持ってきました。 子供が欲しい人への販売 サンヒョンとドンス赤ちゃんは何度か売られ、毎回すべてが順調に進んでいます。 しかし、今度は子供を捨てたソヨンが戻ってきて子供を取り戻すと事態は悪化する。 さらに、警察は子どもの人身売買運動の手がかりを知り始めたので、彼らは彼を逮捕するために行進しました。 サンヒョンとドンスはソヨンを運動に参加させなければならなかった。 そして、母親が自分の赤ちゃんを誰に売るかの決定に参加できるようにします。 すべての条件でそしてそれから共有するためにお金を持って来なさいそれは彼の母、SoYoungにとって苦痛な決断でした。

この映画は実話に基づいています。 戻ってニュースを見てください、asianews.itサイトは2019年2月1日に報告しました 2019年、南ソウルのジュサランコミュニティ教会は、捨てられた子供たちのためにベビーボックスを設置します。 それ以来、合計1,526人の新生児が拒絶されました。 ベビーボックスまたはベビーボックスは物議を醸すトピックになっています。 批評家は、この箱は人々が親であるという責任から逃れるのを容易にする、と言いました。 韓国に加えて、数日前、AFP通信社は日本で唯一のベビーボックスを報告しました。 それは日本の南の慈恵会病院にあります。 子供たちは匿名の安全な場所に配置されます。 アラームが鳴ると、看護師はすぐに赤ちゃんを迎えに来ます。

「近くで母子がぶらぶらしているのを見つけたら、話を聞いてくれませんか?」と病院職員の玉永沙織さん。

日本の保育所は韓国と同じ問題に直面しています。 これは、子供を産む彼が子供を育てなければならないという伝統的な社会的態度に部分的に起因しています。 そして、ほとんどの人は子供を両親の財産と見なしています。 これを聞くことは、妊娠中の女性にとって間違いなく不公平です。 ソヨンはサンヒョン、ドンスと一緒に運動に参加。 部外者に対する障壁として建てられた舞台前の欺瞞は破壊された。 徐々に、みんなの真実が明らかになりました。 彼らのそれぞれは彼らの家族について心痛を持っていました。 だからヤングは子供を置き去りにする理由もありました。 彼女はこれをしなければならない最初でも最後でもないということしかし、母親は彼にもっと良い未来を与えるために彼女の子供を残すことに決めました。 自然が女性に妊娠を強いるとき。 妊娠に苦しんでいる女性が、彼女、胎児、または世界を見るために生まれた子供のための最良の選択肢を確実に持つためのメカニズムを社会が考案したほうがよいのではないでしょうか。 なぜなら、人間社会は自然が提供するよりも多くの恵みを持っているべきだからです。

Tajima Setsuko

「情熱的な旅行ファン。ゾンビのスペシャリスト。ゲーマー。内向的。熱心なビール忍者。音楽愛好家。完全なウェブ中毒者。筋金入りのトラブルメーカー。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。